肝斑

肝斑は治らないシミだと思っていませんか?

両頬にモヤッと広がる範囲の広いシミ…それが肝斑です。紫外線、妊娠、皮膚への過剰摩擦、ストレスなど複雑な原因が考えられています。基本的にはレーザー治療や光治療、外用・内服療法で改善へと導きますが、肝斑が悪化することもありますので、お一人おひとりの状態に合わせた最適な治療を選択することが何より重要です。

こんな方にオススメです。

  • 両頬にモヤッとしたシミがある
  • 洗顔などで肌をこすりやすい
  • 最近目の下にシミが増えてきた
  • 生理前やストレスでシミが濃くなる

肝斑の治療方法

肝斑治療の最新機器がQスイッチYAGレーザー「レブライト」肝斑治療の最新機器がQスイッチYAGレーザー「レブライト」です。肝斑だけでなく、各種色素疾患(シミ・そばかす・ニキビ痕)、スキンリジュビネーション(肌質改善・肌の若返り)、脱毛など様々な肌の衰えによるお悩みにも適用できるよう作られています。レブライトの波長は1064nm/532nmで、この532nmという波長はメラニンの吸収率が高く皮膚の浅い層に留まるため、常に原因となるメラニンが浅い部分に存在するシミに効果的です。また、メラニンにのみ反応して細胞組織にはダメージを与えにくい波長のため、皮膚へのダメージを最小限にとどめつつ肝斑を効果的に改善することができます。痛みが少なく、効果と安全性を高めたダブルパルス(2発連続照射)モードも搭載。さらに患部に均一に、マイルドなエネルギーを照射する「トップハットタイプ」なので、常に安定した照射が可能となり、表皮へのダメージを最小限に抑えて、高いエネルギーを均等に照射することで高い効果を生み出します。FDA(米国食品医薬品局)において、肝斑治療での認可を取得しています。

症例写真

肝斑の施術の流れ

  • STEP 1. カウンセリング

    まずは、お気軽にお電話ください。
    カウンセリングにて、肝斑などお肌の悩みなどを伺います。もちろん無理な勧誘は一切ありません。

  • STEP 2. 施術前

    施術箇所をクレンジングし、メイクをきれいに落とします。

  • STEP 3. 施術

    ドクターが患者様の肝斑の症状とお悩みにあわせて効果的な結果がでるように調整し、患部に照射していきます。
    照射する際にはほとんど痛みを感じない方が多いようですが、皮膚をゴムで弾かれたような痛みを感じる場合もございます。(痛みの感じ方は個人差があります)

  • STEP 4. 施術後

    術後、肌へのダメージが少なく、すぐに肝斑の改善効果をご実感いただける方が多いようです。

肝斑とは…

症状

肝斑(かんぱん)は、頬など目の下に左右対称に広がるモヤモヤとした範囲が広い淡褐色のシミです。ただし、まぶたにはできないため目の周りが白く残り、眼鏡をかけているように見えるのが特徴です。20代後半~40代の女性に圧倒的に多く、「色が肝臓に似ている」ことからこう呼ばれますが、肝機能や肝障害とは一切関係ありません。

原因

原因は様々で解明されていないため治療が難しいといわれ、女性ホルモンが大きく関係していることから「ホルモンじみ」とも呼ばれます。マッサージ等の皮膚への過剰摩擦によるバリア機能の低下が有名ですが、不規則な生活、ストレスなど複雑な原因が絡み合うと考えられています。また、体調や生理周期により濃淡することもあります。肝斑とよく似たものにアザの一種の後天性真皮メラノサイトーシスや、皮膚炎からできる色素沈着があり、治療方法が異なるため、まずは医師による診察を受けましょう。

治療法

合併する他のシミの状態に合わせて治療法を選択しますが、基本的にはレーザー治療や光治療、外用・内服療法とのコンビネーション治療で改善します。レーザーによって肝斑が悪化することもありますので、お一人おひとりの状態に合わせた最適な治療を選択することが何より重要です。一般のシミと比べて治療回数を要しますが、時間をかけて丁寧に治療を行うことで完治します。

肝斑の施術料金

肝斑、ADM、肌質改善、アンチエイジング
全顔 ¥20,000
半顔 ¥12,000
全顔5回 ¥80,000
半顔5回 ¥50,000
シミ、あざ、ほくろ(扁平なもの)、外傷性色素沈着
小(径1cm以下) ¥6,000
中(径3cm以下) ¥10,000
大(径5cm以下) ¥15,000

その他の料金についてはこちら

△Pagetop

一宮整形外科クリニック スマートフォンサイト